クック諸島ラロトンガ、旅とダイビング情報
みなさまの滞在記
クック諸島に旅行された方、また、ラロトンガにてダイビングをされた方の、投稿記事です。

滞在記投稿先はこちら
kana@oyster.net.ck

●堺の、しらさぎさんからの投稿です。 滞在時期 2006年9月5日〜9月6日

かなりの短期滞在でしたが、それでもRarotonga島の良さは十分体感しました。
一緒に旅行したRちゃんは、やはりダイビング出来なかったことを悔いている様子で、
計画主の私としては確認しきれなかったのが申し訳ない思いです。

今まで行ったことがある海外リゾート地は、ニューカレドニア、サムイ島(タイ)、ビンタン島
(インドネシア)ぐらいのものですが、そんな私なりに感じたラロトンガ島は・・・
ビーチはニューカレドニア本島の町外れを思わせる雰囲気、陸地はサムイのアジア風味が
抜けた感じで、日本で言うと石垣島に似ている気がしました。
ビーチに‘物売りのお母さん’が居ないのは、アジアではないからでしょうか!?
治安が良いことも実感しましたし、過ごしやすいかったです。
もちろん、カナさんのガイドあってこそです★
 
ご一緒いただいたWaterlineは本当に良いお店ですね。
雰囲気もありますし、ご飯も美味しいですし、お客さん達からも楽しいオーラが出ていて♪
予約なしで席をご用意いただいた(←カナさんのお陰ですね)のが心苦しかったですが、
とても幸せな時間でした◎
 
ちなみに帰りは、飲酒運転とはいえさすがはゴールド免許のRちゃん、Edgewaterで星空
に感動して無事Puaikuraへ戻れました。
 
ご案内いただいた火曜日のShowは、衣装を着たお兄さん1人(←夜な夜な駐車場のヤシの
木のふもとを掻き分けて、怪しさ満点でした)を見かけたのですが、肝心のダンスがなかなか
始まらず(演奏はずっと聞こえていたのですが、Barから覗いてもダンスは見えませんでした)、
待ちきれず、結局見ずに帰りました・苦笑。
しかし、星、きれいでした〜。
会社帰りに自転車こぎながら毎日空見上げますけど、大阪は街灯も多いですから夜とはいえ
明る過ぎて、見える星が少ないんでしょうね。
 
車を返却して宿まで送ってもらい、その後はバスでMuriへ。
Pacific Risortのビーチでソーラーボート(←足で漕ぐアヒルボートみたいなのは出払ってまし
た・涙)を借りモツへ渡り、バス時間&Puaikura支払い時刻の都合上、30分程遊んで宿へ戻り
ました。
「寒いかな?曇ってきたし」ということで水着を着ずに出かけたんです。これが間違いでした。
ビーチはとても暖かく、水温も良い感じで。
もったいないことしました(>_<。)
 
バスは楽しいですね♪
偶然か、乗客の方もとても陽気で。リゾート地だからでしょうかね?
Rarotonga→Aucklandの機内でも結構大きな揺れにも関わらず笑い声が絶えませんでした。
話を戻しますが、普段あまりバスを使わないので、バスに乗るとテンションUP↑です。
レンタカー借りる時はバスの存在をスコーンと忘れていました。
運行本数は少ないですが、そんなに不都合とは思わないですから、コスト面で言えばバスで
十分ですね。
そういえば、ヒッチハイクしている方も見掛けましたし。
 
Puaikuraで支払いを済ませ、最後の最後にDIVE CENTER近くのビーチまでランニングして行き、
シューノーケリングを楽しみました♪
シャワーを浴びにPuaikuraに戻り、空港まで送っていただきました。
 
クック諸島、ぜひ、また行きたいです!今度はAitsutakiへも(o^ー^o)
使い捨てカメラで撮ったものですが、写真お送りしますね♪
本当に色々とありがとうございました。


GO BACK TO THE TOP PAGE

クック諸島ラロトンガ、旅とダイビング情報