ココナッツブラ TOP

クック諸島基本情報


クック諸島旅行情報

BLOG!わたしの滞在記

写真集Photo Garally

クルーズ記
Cruises

みなさまの滞在記

掲示板

おすすめアコモデーション

おすすめアクティビティ

ココナッツブラ考察

ダイブログinラロトンガ

スクーバライセンス取得

ゲームフィッシング

プチ留学

おすすめリンク集

過去のわたしの滞在記
2006年1月〜3月
2005年11月〜12月
2005年8月〜10月

2005年5月〜7月
2005年1月〜4月
2004年8月〜12月
2004年1月〜7月
2003年1月〜12月
2002年10月〜12月
2002年7月〜9月

2002年4月〜6月


管理人プロフィール

管理人へのメール

ダイビング クック諸島 ココナッツブラ
滞在記
2003年1月〜12月


2003/12/28(日)
25日から28日まで、クリスマス休暇をいただいた。敬虔なクリスチャンの国であるクック諸島では、25日クリスマスと、26日のボクシングデイは、れっきとした国民の休日である。日本のお正月と似ていて、親戚中が一同に集まり、伝統料理を準備して、朝っぱらから飲めや歌えやの大騒ぎ。当然、親戚が多い人は、パーティーをハシゴすることになる。10人兄弟なんてザラなローカルのことなので、1ヵ所に留まる方が、珍しいのかもしれない。親戚巡りが終わった後は、アルコールと疲労で、ヘロヘロになっているそうだ。
この時期、クリスマスを家族と祝うために、6〜9万人はいると推定されている、海外に住むクック人が、みんな故郷のクック諸島に帰ってくるので、フライトは超満席となり、普通の観光客が、フライトを確保するのは難しい。そういうわけで、クリスマス前後のラロトンガは、旅行客が少なく、ホテルもアクティビティも、暇なのだ。
私も、ローカルの友人に招待され、彼の土地であるビーチでバーベキューパーティーに参加した。各人が食べ物、飲み物(もちろんアルコール)、音響システム(ミキサーと、巨大なスピーカー!ローカルは、音楽には超敏感なのである。)を持ち寄って、昼から夜中まで、老いも若きも、飲めや歌えや踊れやの、ドンチャン騒ぎ。
パーティーのはしごこそしなかったが、すっかりヘロヘロになってしまった。そして空を見上げると、久々の快晴、満天の星。心に残る、素晴らしいクリスマスでした。

2003/12/18(木)
ディズニーの、「ファインディング・ニモ」を見ました。毎週火曜日は、ラロトンガの映画の日。ラロトンガに1件しかない映画館で、普段は5ドル(これでも安い)が、火曜日は2ドル50セント。スクールホリデーも始まり、映画館は人で溢れかえっていました。ディズニーファンではないので、あまり期待もしていなかったのですが、これがびっくり。洗練された美しいグラフィックはもちろん、水中生物の生態、動きは、ビデオかと思うほど、本物にソックリで、いやはや、感動しました。ダイビングの教材に使えそうなほど、良いできです。
実際、「ファインディング・ニモ」をきっかけに、ダイビングの講習に参加した方がいました。「ニモが見たい〜!」と言って、講習に申し込まれたようです。しかしながら、誠に申し訳ありませんが、ラロトンガでクマノミを見たことがありません。「ニモねえ〜。ラロトンガでは見たことないけど、がんばって見つけてください。(ファインディング・ニモ!)」

2003/12/13/(土)
クックは、リゾート発達している傍ら、手付かずの自然がそこら中にある、エコリゾート。治安もよく、とても平和な国です。
「エコツアー」やら「ネイチャーツアー」と称するアクティビティも豊富です。内容は、サイクリング、カヤッキング、ブッシュウォーク等を組み合わせたものが多いのですが、最近、最新テクノロジーを使用した、ホバークラフトによるラグーンクルーズ船‘RARO HOVER CRUISES’が登場し、話題を集めています。現在クリスマスキャンペーン中で、乗船料金NZD1/分だそうで、安いのか高いのかよくわかりませんが・・・。エコツアーに参加したいけど、自分で動くのは面倒、という超ぐうたらな人でも、ラグーンネイチャー体験できます。
とはいえ、「エコツアー」と称するものは、基本的に、中高年の方でも安心して参加いただける、マイルドな内容となっているようです。
私はというと、1分も歩きたくないというくらい、超ぐうたら。自転車で移動、なんて、とんでもない。そういうわけで、エコツアーには参加したことがありません。参加した方、ぜひ体験記をお願いします。

2003/11/17(月)
ラジオ文化放送の番組「吉田照美のやる気manman」に、電話出演しました。一瞬のできごとでした。
メディア出演といえば、10年程前に、某関西ローカル局のクイズ番組に出演したことを思い出します。収録中は、「ほんまにこんなんで番組になるんか?しょうもな〜!」と、思っていたのですが、編集されて、番組になったら、それなりに見れる物になっていたので、驚きでした。(ちなみに M○S 「ゴーゴーゼット」)恐るべし、編集の力。
そういうわけで、今回のラジオ出演も、話す相手はプロやし、全然心配していなかったのですが・・・これが失敗! ラジオって、生なんですよね。編集不可。沈黙不可。リハーサルすべきでした。実際しゃべりはじめると、日本語で、しかも標準語でしゃべるというのは、19ヵ月間もほとんど日本語を使うことのない生活をしている私にとって、思った以上に困難な作業で、その上、関西のラジオとは全くノリが違う。
しかし、気がかりなのは、せっかくの絶好のクック諸島アピールの機会なのに、クック諸島の良さを伝えるネタがしゃべられなかったことです。まあ、それは番組の趣旨とはちがうわけで、仕方のないことですが、悔やまれます。みなさん、クック諸島って、まさにパラダイス、本当にいいところなんですよ〜!!!

2003/11/12(水)
ラジオ文化放送の番組「吉田照美のやる気manman」に、電話出演することになりました。関東地方しか聞けないらしいので、関東の人、ぜひ聴いてください。11月18日1時〜の出演の予定です。日本との文化、習慣の違いで驚いたことや海外生活ならでは体験談など、カルチャーショックをテーマにお話を伺う、「海外カルチャーギャップ」というコーナーらしいです。

2003/10/26(日)
スピアフィッシングにて。最近は、上手に魚が捕れるようになってきました。もちろん、スクーバは使用せず、素潜りです。


2003/5/30(土)
「地球の歩き方」クック諸島編の取材を受けました。2004−5年版は、大幅改訂で、増ページ、増カラー写真と、期待大。今年9月に発売予定だそうです。

2003/1/24(金)
日本語のクック諸島紹介ホームページを見つけました。
http://www.paradisecook.com/index.html

GO TO THE TOP PAGE
クック諸島 ココナッツブラ   ラロトンガ、旅とダイビング情報