ココナッツブラTOP

クック諸島基本情報

クック諸島旅行情報

BLOG!わたしの滞在記

写真集

クルーズ記

みなさまの滞在記

掲示板

おすすめアコモデーション

おすすめアクティビティ

ココナッツブラ考察

ダイブログinラロトンガ

ゲームフィッシング

おすすめリンク集

過去のわたしの滞在記
2006年1月〜3月
2005年11月〜12月
2005年8月〜10月

2005年5月〜7月
2005年1月〜4月
2004年8月〜12月
2004年1月〜7月
2003年1月〜12月
2002年10月〜12月
2002年7月〜9月

2002年4月〜6月


管理人プロフィール

管理人へのメール

ダイビング クック諸島 ココナッツブラ
滞在記
過去の滞在記2005年8〜10月

2005/10/30(日)
トローリング釣り人の憧れ、ブルーマーリン Blue Marlin は、日本語で「まかじき」といいます。「かじきまぐろ」とも呼ばれていますが、まぐろとは種が違います。味も当然違います。
さて、今週は65kgのブルーマーリンが釣れたらしく、おすそ分けをいただきました。尾びれに近い部分で筋が多く、刺身にするは難しいのですが、新鮮なマーリン、なんとか筋を避けて、刺身一皿分作りました。ローカル料理の代表「イカマタ」にも最適な魚です。イカマタにはまぐろが使われることが多いのですが、私はマーリンの方が好きです。ひと口大に切ったマーリンをレモン汁で和え、しばらくしてトマト、ネギ等野菜を加えて最後にココナッツクリームを加え、一晩ねかせます。自家製イカマタは、新鮮で自由に味付けができるので、レストランで食べるよりおいしいです。残りは冷凍庫で保存しました。
今日のディナーは、マーリンステーキ。解凍したマーリンに塩コショウし、強火で両面さっと焼いてミディアムレアでいただきます。ソースはバター醤油に、レモンを添えて。おいしかった〜。次回は照り焼きソースに挑戦します。

2005/10/25(火)
最近気に入っているバーがあります。Waterline bar は、意外にも、ランチタイムもオープンしているオンザビーチのレストラン少ないラロトンガで、貴重なレストランバーです。島の西側に位置し、素晴らしいサンセットが見られます。ディナーも20ドル前後とリーズナブルで、ついつい長居してしまいます。
    
Waterline bar にて。 定番のサンセット&ハンモック。

Tamarind Houseは、立地、味ともに素晴らしい高級レストラン。ディナータイムは、日没前に、少しおしゃれして出かけたいところです。私の日曜日ブランチの定番となっています。エッグベネディクトコーンフリッターと、ラザニアは、私のお気に入り。どちらもボリュームたっぷりです。
    
Tamarind House にて。 島の北東に位置する。

2005/10/21(金)
ラロトンガでは、トローリングも人気アクティビティです。港から10分ボートを走らせると、もうそこはディープシー。漁場です。トローリングと言えば、沖合いに行くまでに2−3時間かかるところ(国)が多い中、クック諸島(ラロトンガとアイツタキ)は、手軽にトローリングに行けるという点では素晴らしい島だといえます。
今週は、フィッシングチャーターでよく釣れたようで、魚のおすそ分けをいただきました。マーリン(カジキ)、ワフー(サワラ)、マヒマヒ(シイラ)、と、現在我が家の冷凍庫は魚だらけです。珍しいのは、シイラの卵。直径5−6センチ、長さ30センチ2本と、かなりの大きさです。早速、シイラ卵の煮付けに挑戦しました。みりんと酒がないので、砂糖と白ワインで代用。味は、鯛の卵の煮つけと、さほど変わりませんでした。卵が大きく、皮が硬いのが難点ですが。。。鶏卵と一緒に炊いて、ご飯によく合う一品となりました。
次回はからすみに挑戦したいと思います。

2005/10/20(木)
ここ1ヵ月間、本業のダイビングもアフター5のお付き合いも、本当に忙しかったです。どうやら繁盛記を終え、平日に休みを取ることができるようになりました。ココナッツブラの更新、そしてカナダイブの発行がやっとできそうです。書きたいネタがあったのに、暇というか余裕がなくて。。。10月末から11月は、観光産業が1年で最も暇な時期です。ちょっと腰を落ち着けて、書き物に集中します。あと、結婚式の準備も。。。

2005/10/19(水)
ここ1ヵ月で、かなりの数の日本人に、ラロトンガでお会いしました。私が2002年に移住して以来、最高記録です。
THE DIVE CENTREのスタッフがGADGETMANと名づけた、マサキさん。荒波で半死状態にもかかわらず、根性で講習終了したサチコさん。現地人かと思うほどすっかり島になじんでいたカナさん。目が不自由なのにもかかわらず、ダイビング旅行を続けるDADDYさん。リタイヤ旅行でラロトンガ長期滞在、ホームステイも楽しんだOHNOさん。ニュージーランドでワーキングホリデイ中のリエさん、サトコさん。3日間フィッシングチャーターで釣り三昧だったヤマウチさんご家族。サモアにお住まいのヨーコさん。
ラロトンガという僻地でお会いしたのも、何かの縁です。これからも、クック諸島ラロトンガを、よろしくお願いいたします。

2005/9/28(水)
ラロトンガに春が来たようです。毎日暑い日が続いています。水温は相変わらず24℃ですが、気温が高いので5mmワンピースだと陸上でちょっと暑いです。今月、ラロトンガ滞在13日で20ダイブ達成したマサキさんは、5mmワンピースいらないよ〜。十分暖かいよ〜。と言っておられました。温度の感じ方は個人差がありますよね。私はまだまだ5mmワンピース愛用です。
最近は、潜るたびにクジラソングを聞いてます。クジラウォッチングは陸上からでもできますので(それがラロトンガの良いところ!)、シーズン中は、常に海から目を離さないように。

2005/9/11(日)
1年ぶりの日本里帰りを満喫してきました。実家の大阪だけでなく、東京、北海道にも足を伸ばし、たいへん充実した休暇となりました。
ラロトンガ帰国早々、風邪?をひいてしまったのか、鼻水、咳、痰が止まりません。身体はしんどくはないのですが、あまりにもひどいので、咳止めシロップ、ドロップ漬けで、副作用のせいか、頭がボーっとしています。咳止めでは鼻水は止まらないし。この上鼻水止めを服用したら、副作用だけでラリってしまいそうです。明日もこのひどい症状が続くようなら、医者に診てもらいます。
クック諸島には、医療保険制度はありません。ラロトンガ、アイツタキには病院があり、ローカルはNZ$7で、診察(処方箋込み)してもらえます。旅行者だとNZ$35〜と、ぼったくられます。安いのはいいのですが、病院で診てもらうのはあまりおすすめされないので、私は高額なクリニックに行くことにしています。病気になると、お金がかかります。やっぱり健康第一です。それにしても、何で今更・・・休暇でノニジュースを飲んでいなかったせいでしょうか?単なる遊び疲れ?

2005/8/15(月)
6ミリオンUSドル(約6億円)の超豪華船がラロトンガに寄港しています。ひょんなことから、オーナーと知り合いになり、ラロトンガ1周トローリングに招待されました。オーナーはテキサス出身の億万長者。気取らない気さくな人で、船上パーティーにも誘われました。超豪華船でのラロトンガ1周は、海もべたなぎ、天気も快晴で、本当に夢のような出来事でした。
さて、このボート、どんなに豪華かというと、まず、船の中にいると、船の中ということすら忘れてしまうほどの品のいい一流の家具。ラウンジエリアには大画面フラットTVがあり、ダイニングエリア、キッチン、と続きます。船首はメインベッドルームで、キングサイズベッドにここにもフラットTV、洗面所、トイレ、シャワーバスタブ、高級リゾートの1室といっても過言ではありません。階下にはメインベッドルームと同じデザインのゲスト用のベッドルーム、トイレシャワー付2段ベッドルームが2つ、冷蔵庫室、洗濯乾燥機室、で構成されています。船尾の別の入り口から階下に降りると、独立のベッドルームがあり、スキッパー夫妻が利用しています。2階にはインフレータブルボートが2隻、1隻は本格的なフィッシングボートです。カヤック、サーフボード、コンプレッサーにスクーバ器材、一流つり用品の数々、自転車、等々、ありとあらゆる大人の遊び道具が、揃っています。そして、YAMAHA Road Starが!モーターバイクを船に乗せて旅をする人は珍しいと思いますが、億万長者のやることは、一般人とは違うようです。そして、このバイクは、意外にもなんとラロトンガに残る運命となったのでした。
 海を渡るRoad Star

2005/8/1(月)
隣の子犬が遊びに来るようになりました。子犬といっても、けっこう大きい。まだまだ落ち着きがなく、一緒に遊んでやると興奮してオシッコそこら中にちびります。故ソロモンを偲んで、この子犬をソロモンと呼んで、我が家の番犬にするべく手名づけているつもりですが、、、あまり賢くないみたいです。今のところ。
 ソロモン!!!

GO TO THE TOP PAGE

クック諸島 ココナッツブラ   ラロトンガ、旅とダイビング情報